ワキ脱毛を受けたくても断られるケースがあります@どんなケースでしょう?

MENU

妊娠中の方は脱毛がNG

脱毛を受けたいと思ってもサロンや美容クリニックから施術を断られてしまうことがあります。断られる理由はいくつかありますが、一つは妊娠していることを理由に脱毛が断られるケースです。

ワキ脱毛で主な方法といえばレーザーや光脱毛なのですが、どちらの方法でも胎児に影響が及んだという事実が確認されたわけではありません。
しかしながら妊娠中は脱毛をしないほうが妊婦や母体のためだと考えられています。

一つは妊婦の肌野状態が変わることも理由として考えられます。妊娠するとホルモンバランスが変わるため、肌が過敏になりやすく妊娠前はそれほどトラブルを感じなかった方でも、肌にトラブルが見られるようになります。

ワキ脱毛は自己処理による脱毛と比べても肌にトラブルが出にくいのですが場合によっては脱毛を受けることで肌にトラブルが出てきてしまうことが考えられます。そうすると安心してワキ脱毛を受けることが難しくなってきてしまうのです。

もう一つの理由は脱毛による刺激が子宮の収縮を促す危険性があるからです。脱毛は時には痛みを伴うことがありますが、その痛みをストレスに感じる妊婦さんも少なくありません。
強いストレスを受けると子宮の収縮が激しくなることがあり、それが早産のリスクを高めることにもつながります。

そういったリスクを招いてしまうことを考えると、妊婦さんは妊娠中は脱毛を控えて、産後しばらく経過してから脱毛を受けるようにすすめられるのです。

全身脱毛が安い料金で受けられます

日焼けをしていると施術はNG

脱毛に通っている時には、その時の肌の状態を担当のエステティシャンや医師がチェックしてから施術を行います。そのため肌の状態によっては施術を断られてしまうケースもあることを覚えておきましょう。

施術を断るケースとして多いのが日焼けです。夏は海やプールに行く機会も増えますので、その時に日焼けをしてしまったとします。ワキの下は普通にしていれば日焼けをしにくい箇所なのですが、強い日差しの下ではちょっとの時間でも腕を挙げていただけでワキの下も日焼けをしてしまうことがあるのです。

日焼けで施術が断られてしまうのは、肌が炎症をおこしていることと日焼けにより肌が黒くなってしまうためレーザーや光がそれに反応してしまう危険性が考えられるからです。

レーザーや光は肌のメラニン色素が濃い部分に強く反応することでムダ毛を処理してくれるのですが、もしもその周辺の肌も黒ずんでしまっていると、その肌にも強い熱が加わって火傷をしてしまう危険性が高まってしまうのです。

また日焼けは軽いやけどを起こしているのと同じ状態ですので、そんな状態で光やレーザーをあててしまうとさらに状態を悪化させることにもなりかねません。それは傷がついている場合も同じです。

脱毛サロンによっては脱毛前に自己処理をしてくることをお願いしてくるところが多いのですが、その時にワキの下に傷をつけてしまうと、それを光やレーザーで悪化させる危険性が高くなりますので施術を断られてしまうのです。


傷痕がある、薬の服用をしている方

薬を日常的に服用されている方は、ワキ脱毛を受ける前に必ず施術を担当するスタッフの方にそれを申告するようにしましょう。なぜなら飲んでいる薬の種類によっては施術を断られてしまうことがあるからです。

脱毛サロンは美容クリニックでは脱毛契約時に脱毛に関する注意事項について詳しく説明をしてくれるのですが、それを忘れてしまうお客様のも多いことから、毎回施術の前に重要事項に関しては確認するように努めています。

それなので以前は飲んでいなかった薬でも最近飲み始めた薬がある場合は、必ず担当者に正直に申告するようにしましょう。それを怠ってしまうと期待するような脱毛の結果が得られなくなるかもしれないのです。

注意が必要となるのは婦人科系の薬を服用している場合です。中には女性ホルモンが配合されているタイプの薬があるのですが、女性ホルモンが増えることで毛周期が乱れることが考えられるからです。

ワキ脱毛は毛周期に合わせてお手入れを行うのですが、それが乱れていると効果が半減してしまうことが考えられます。特にワキ脱毛で受けられる回数が制限されている契約を結んでいる場合、その一回を無駄にしてしまうことにもなりかねないのです。同様に予防接種を受けた場合も注意が必要です。

予防接種によってワクチンが体に入ることで体の状態が通常と異なるようになるため、それにより普段はトラブルが出ない方でも、施術後にトラブルが出やすくなってしまうことが考えられます。また肌に傷痕が残っているとそれを悪化させることもあるので、施術を断られるでしょう。

ポリピュアexの口コミが評判良かったので買いました